2009年01月23日

ベッドの選び方〜種類と特徴

ベッドの選び方


種類と特徴

一番安い畳ベッドを探す

畳ベッド
敷き布団派に人気がある畳ベッドは、和室になじむデザインが
人気のベットです。

畳ベッドは、床板部分に畳をはった和風ベッドなので、
マットレスではなく、敷き布団を使います。

収納ボックスや椅子として使えるものもあり、和室に置いても、
違和感のないデザインに人気がありますよ。


一番安いすのこベッドを探す

すのこベッド
すのこベッドは湿気を逃すことを目的に作られているので、
ベッド下にある程度の余裕があります。

高さ調節ができるものも多いので、ベッドの下を収納スペースに
使いたいと思っている方は、あらかじめ収納ケースの大きさを
調べておくといいでしょう。


一番安いマットレスベッドを探す

マットレスベッド
ベッドで一番主流なのが、マットレスとの組み合わせです。最近では、
ベッドのコイルスプリングが一つ一つポケットに納められた
『ポケットコイル』も増えてきました。面でなく点で支えるので、
体に合わせてフィットするのが特長です。ただし価格も高くなるので、
予算と合わせて慎重に選びましょう。


一番安いウッドスプリングベッドを探す

ウッドスプリングベッド
ウッドスプリングベッドは、見た目がすのこベッドとよく似てますが、
木の板をアーチ状に反らせてバネのような弾力をもたせてます。
ウッドスプリングの価格は、板のしなり具合を調節できるかによって異なります。

最近、人気のお薦めベッドは、ウッドスプリングベッド+ポケットコイル
マットレスの組み合わせです。床板が、木のバネになっていますので、
寝返りなどの振動をしっかりと吸収し、快適な寝姿勢を保ってくれます。 また、ポケットコイルマットレス

とダブルで振動を吸収しますので、
ポケットコイルマットレスの寿命が約2倍に延びます。


一番安いソファベッドを探す

ソファベッド
ソファベッドは一人暮らしの狭い部屋には便利です。なぜなら
一人暮らしの狭い部屋でリビングとベッドルームを演出してくれるからです。
ソファベッドが一つあるだけで部屋をリビングとベッドルームとして
二重に使えます。ソファとベッドの両方欲しいが、置くスペースがない、
という方にお勧めです。


一番安いウォータベッドを探す

ウォータベッド
ウォータベッドは、通常のベッドの上に水の入ったウォーターマットレス
を敷いたものです。
全身を浮力で支えますので、体の一ヵ所に体重が集中することはなく、
圧力はほとんど均等に分散されます。そして、体の出っ張っている部分は
沈んでしまうため、体にかかる負担は少なくなります。結果、水に浮いて
いるのと同じような状態になるので、とてもリラックスできるというわけです。
ウォーターベッドは、首や肩がこる、という人や腰痛で困っている人にも
お勧めしたいベッドです。

ただし、重量がとても重いので、設置場所を考えないと、引っ越しが
大変だったり、床が抜けたりするかもしれません。




posted by suzuki at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ベッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。