2009年02月10日

カーペットの選び方〜繊維の種類と特徴

カーペットの選び方


カーペット繊維の種類と特徴

一番安いウールのカーペットを探す

ウール
ウール(羊毛)はコットン(木綿)と並んで消費量が多いですね。
衣料用の原毛はオーストラリアからの輸入物が多くを占めていますが、
カーペット用はニュージーランド、イギリスなどの原毛が使用されています。
特徴は“ウールの七不思議”と言われているように
吸音性、染色性、吸湿性、汚れにくく汚れを落としやすい、
難燃性、クッション性、保温性に優れた性能を持っています。
ただ、虫やカビに侵されやすい欠点があるので防虫加工を施しています。


一番安いアクリルのカーペットを探す

アクリル
ふっくらとやわらかく、弾性や保温性がよいなど、
ウールに似た風合いを持っています。
また、吸水性が少ないので、水溶性の汚れが付着せず、
帯電性も小さく、耐薬品性があり、カビや虫害も受けません。
その他、鮮明な色合いが得られ、堅牢度がよく、摩擦に強く、弾性がよいことが特徴です。


一番安いナイロンのカーペットを探す

ナイロン
特徴は、引っ張り強度が特に大きく、水に濡れても、
その強度はほとんど変わりません。
また、薬品、油、カビや虫害を受けない点も特徴ですが、
屈曲弾性、摩擦強度が他の繊維に比べて格段に優れます。
したがって耐久力があり、業務用途を中心に幅広く用いられています。
素材特性から歩行量の多い場所―廊下、階段、ホールなどに適しています。
ナイロン素材の問題点としては、静電気が起こりやすく、
ピリング(毛玉)ができやすい(紡績糸の場合)、
高温で軟化溶融したり、白い物は紫外線によって黄変します。
しかしこれらの問題点は、例えば静電気については、
静電加工が素材あるいは製品段階で施されるなど解決策が計られています。


一番安いポリプロピレンのカーペットを探す

ポリプロピレン
特徴はナイロンと同様に強度に優れ、繊維の中でもっとも軽く、
酸・アルカリなど化学薬品に強く、カビなどにも抵抗力があります。
吸湿性がないので、濡れても乾きやすいのですが、
染料となじまない欠点があります。
プラスチックなどの彩色と同じように原着(原液着色)といって、
繊維にする前の原料のうちに顔料を加えて着色しています。
原着は鮮明性はやや乏しいが、堅牢性に優れています。
カーペットの問題点としては、弾力性に乏しく、熱に弱く、
堅い感触がするなどありますが、
むしろ、のような特性を生かして、ニードルパンチやレベルループカーペットなどに使用されています。

一番安いポリエステルのカーペットを探す

ポリエステル
摩擦に強く、シワになりにくく、形態安定性に優れています。
合繊繊維の中ではもっとも熱に強く、日光や薬品にも強く、
カビや虫に侵されず、吸湿性が少ないため乾きが早いなどの特徴があります。

posted by suzuki at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カーペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

カーペットの選び方〜機能と素材(パイル)の種類

カーペットの選び方


カーペットの機能と素材(パイル)の種類
カーペットの売れ筋ランキングをみる

今、最も売れているカーペットはコレ


今、最も売れている ホットカーペット対応カーペットはコレ


今、最も売れている防音カーペットはコレ


快適性
カーペットはまず床を暖かく、そして柔らかくすることによって、
足腰の負担を減らして、心地よい暮らしに役に立ってます。

防音性
生活音というのは意外なほど階下への響きが大きいのですが、
カーペットは、音の発生を軽減します。
カーペットの下にフェルトを敷き詰める工法であれば、
防音性が更に高まります。

防汚性
清潔で快適、健康的な暮らしのためには、汚れにくいカーペットを。
ただお掃除が楽というだけでなく、防ダニ加工などは健康に直接役に立つものです。
防汚加工のカーペットは撥水性も高く、特に水性の汚れに強いのが特長です。

安全性
例えばホルムアルデヒド吸着効果を持ったカーペット。
また、遊び毛が少なく、ハイハイする赤ちゃんにも安心な機能などを選ぶことができます。

保温性
フローリング生活が広まっていますが、冬だけでなく年間を通じて
冷えの問題は大きくなっています。

先のフェルトを敷き詰める工法では、さらに保温性が高まります。


カーペット素材(パイルの種類)

一番安いカットタイプのカーペットを探す

カットタイプパイル
やわらかな感触が、寝室にぴったりです。
糸の先端が平滑にカットされたもので、
やわらかな感触と微妙な色彩の変化が楽しめます。

ケバ立ちや弾力性はループタイプに劣ります。


一番安いカット&ループタイプのカーペットを探す

カット&ループタイプ
みんなが集うリビングや応接間に最適です。
カットタイプの色彩効果とループタイプの耐久性を活かしています。
多彩な表情が演出でき、ループに近く個性的な感触が楽しめます。


一番安いループタイプのカーペットを探す

ループタイプ
丈夫だから、通路や玄関にもおすすめです。
耐久性、歩行性に優れたタイプ。
適度に硬く、なめらかな感触が楽しめます。
ヘタリが少なく、ホコリもつきにくくお手入れが簡単なのも魅力です。

posted by suzuki at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カーペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。